• TOP
  • 美容皮膚科ランキング見る
  • ニキビ治療の皮膚科に関して
  • 外用薬、軟膏に関して
  • 美容皮膚科の口コミ・評判

お尻ニキビに関するみんなのお悩みまとめ

目立たない位置だけど、潰しやすい位置にあることです。

私はもともとお尻に汗をかきやすいほうなので、一見暑い時期にお尻ニキビができやすそうに見えますが、暑い時期よりも冬の12月から2月の生理の時期にお尻ニキビができてしまいます。普段医療事務の午前中のパートを週5でしている時は、事務とは言っても座っていることより立っていることのほうが多いので、お尻ニキビを潰す心配はありませんが、椅子に座って在宅ワークや食事をしたり、ベッドで眠るときについついお尻ニキビを潰してしまうことがあります。下着を履くので薬も塗りにくいし、薬を塗っても下着とニキビが触れ合うことで擦れてしまい、お尻ニキビが悪化して治りにくく、跡として残ってしまうこともあります。冬は職場が病院なので特に、室内の暖房の設定温度が高く、生理時期はそれ専用の厚手の下着とナプキンをしているので、夏以上に汗をお尻にかいてしまい、蒸れることでニキビができやすくなってしまいます。

 お尻ニキビの対策としては、夏と冬は下着を綿やコットン100%の通気性が良くて汗の吸水性が高いものと、肌にピッタリ引っ付かない締め付けのないもの選んでを履き、密着して蒸れない状態にならないようにしています。あまりに汗をかいている時でも、外出時は下着を変えたり脱いだりすることはできないので、トイレでカバンの中のポーチに入れて持ち歩いている、赤ちゃん用の肌に優しいおしり拭きで汗を拭くようにしています。ニキビに効果のあるピーリング石?を使って、手でお尻を撫でるように洗った後に、シャワーで時間をかけて汚れを残さないように洗い流し、お風呂上りにニキビ用化粧水をニキビにつけて薬を塗るようにしています。

 お尻ニキビは顔ニキビよりも治りにくいですが、顔ニキビのように広がったりせずに、2・3個ほどポツッとできるので、潰さないように時間をかけて治していき、潰してしまった場合も、跡のターンオーバーを促すために、自炊をしたりウォーキングやラジオ体操などの軽い運動をするようにしています。今でもお尻ニキビができることはありますが、跡も徐々に薄く目立たないようになってきているので、今まで通りこれらの対策を継続していきたいと思います。

夏場のお尻ニキビで毎年海に行けない

私は毎年夏になるとお尻ニキビに悩まされています。冬場は汗をかかないので比較的きれいな状態なのですが、夏場は汗をかきやすいせいか、すぎにお尻ニキビができてしまいます。しかも小さいニキビではなく、芯のあるような大きなニキビができるので、座るのもいたくて本当に辛いです。

最もつらいのは、海やプールに行けないことです。可愛いビキニを着たいのに、お尻にできたニキビのせいで、ビキニからちらっと見えるニキビが恥ずかしくて、どうしても海に行けないのです。上からスカートやタオルなどで隠すといいのですが、そうでもしないと海に行けないのがすごく辛いです。

お尻にニキビができるのは、汗が原因なのだろうと自分で判断し、対策を行うことにしました。毎年夏が始まるころからニキビが出てくるので、そのくらいの時期になると、あらかじめ綺麗な状態を常に作っておくと良いのではないかと考えたのです。というのも、汗をかかないというのは無理な話なので、汗をかいても綺麗にしていればいいのです。

お風呂上りに、肌に優しく汗を吸収してくれる効果のあるパウダーを塗るようにしました。色んな種類がありますが、安く手に入るのでコスパ的にも安心です。お風呂上りだけではなく、外出する前など汗をかく前にこれを塗るという事を心がけ、帰宅したらすぐにしっかりとシャワーで汗を流し清潔な状態にする。この二点をしっかりと守り夏を迎えました。

そうすると、真夏の暑い時期になっても今までのように大きな真のあるニキビはできなくなりました。まったくニキビがないというのは無理でしたが、小さなニキビでほとんど目立たないものが数個ほどだったので、海にも自信を持っていけるようになりました。座っていても痛くないし、ノンストレスで夏を過ごすことができました。

ニキビ対策で重要なのは、とにかく清潔にするという事だと思います。お風呂に何度も入るのは無理がありますが、パウダーなどで清潔にしてあげることでニキビを減らすことができると思います。

お尻ニキビができたときの治し方

私もニキビ体質なのでいつもお尻のニキビには悩まされています。

【お尻ニキビの対策】

お尻ニキビは事務仕事や職業運転手など座って仕事をする人に多いようです。個人差はあると思いますが、1日中座っているとお尻ニキビができやすくなり、お尻ニキビのリスクは高まります。時間があれば椅子から離れる事をお勧めします。1時間に1回でも休憩時間を利用して椅子から離れましょう。お尻が長時間椅子と密着しないようにするとお尻ニキビができなくなります。夏場はとくに気をつけましょう。お尻ニキビを防ぐには毎日お風呂に入りお尻をよく洗うことも大切です。お尻は清潔にしていないとニキビができやすくなるからです。

【おしりニキビの治療方法】

お尻ニキビができたらできるだけお尻ニキビに触らないことです。お尻ニキビの治療方法として、就寝前にオロナイン軟膏をニキビができた部分に多く塗って大きめの絆創膏を貼り、そのまま寝ます。目が覚めたら絆創膏をはがしてよくふき取ります。それを3日間続けたらお尻ニキビは小さくなっていますので効果があります。お尻ニキビは放置していると大きくなって粉瘤の原因にもなりますので、早めの対策が必要です。お尻ニキビが大きくなったら皮膚科でみてもらう事をお勧めします。私もお尻ニキビが大きくなって皮膚科で少しだけ切開して治療をしたことがあります。それからお尻ニキビが大きくなる前にオロナイン軟膏で早めの治療をしています。

【お尻ニキビのまとめ】

お尻ニキビができてしまうと、どうしても触れる部分なので痛みがともないます。ニキビ体質の人は特にお尻ニキビができやすくて悩んでいる人も多いと思います。お尻は汗がたまりやすい場所なので特にニキビや吹き出物が多くできてしまいます。仕事や学校が終わったらすぐにお風呂に入りお尻をよく洗うことが大切だと思います。不衛生にしていたらニキビができやすくなるからです。食べ物も油物は控えたほうがいいと思います。お尻ニキビができたら早く治療することをお勧めします。

ユーザーの口コミ評判、症例数、信頼度など総合的に評価したニキビケア美容皮膚科の徹底比較ランキング

肌の土台を根底から改善することで、繰り返しニキビを防ぐ!!

料金 通常7,400円→3,980円
所在地 神奈川県横浜市西区高島2-13-12崎陽軒ビル ヨコハマジャスト3号館7F

公式ホームページを見る

皮膚科のポイント

JR横浜駅東口から徒歩2分という立地と平日は20時まで、土日祝日も空いているので忙しい方でも通いやすいです。 治療方法は機器によるものだけでなく、ピーリング治療や内服・外用薬治療のような自宅でケアできるものも用意されているので、自分のスタイルに合ったものを選択できます。

公式ホームページを見る

NO.2

保険診療美容診療のダブルアプローチでニキビ治療!!秋葉原中央クリニック

高性能レーザー治療、ピーリング、外用薬症状に合わせて治療方法が選べる!!

赤井クリニック スキンケア公式ホームページ

料金 ケミカルピーリング 1回 5,000円
所在地 東京都千代田区神田佐久間町2丁目20番地 翔和秋葉原ビル2F

公式ホームページを見る

皮膚科のポイント

中央クリニックは全国21院展開で美容外科ネットワークを築いているので美容整形に関して情報交換や最先端の技術を学んでいて安心して受診できる美容形成クリニックといえます。
中央クリニックのニキビ治療は高性能レーザー治療、ピーリング、外用薬症状に合わせて治療方法が選べるので一人一人にあった治療方法を提案してもらえます。

公式ホームページを見る

NO.3

光治療器を駆使したケアでニキビの原因を取り除く!!シロノクリニック 横浜

コラーゲンを生み出す作用まで備わってシロノクリニック横浜のニキビ治療!ニキビ治療と同時に肌の再生までも望めると評判!!

シロノクリニック 横浜公式ホームページ

カウンセリング 初診・カウンセリング / 3,000円(税抜)
所在地 神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル16F

公式ホームページを見る

皮膚科のポイント

シロノクリニック横浜のニキビ治療は光の波長を設定する事が出来るので、アクネ菌だけを死滅させ、それ以外の善玉菌などの死滅を起こさないことが可能です。たとえば黒ニキビや赤ニキビといった様々な形のニキビにも対応可能といえます。
嬉しいことにコラーゲンを生み出す作用まで備わっているので、ニキビ治療と同時に肌の再生までもを期待できるのです。

公式ホームページを見る